大きいな家

不動産を売却する

お金を握る手

所有しているマンションなどの不動産が不要になることがあります。使わない不動産は税金などを発生させ家計を圧迫するだけなので、不動産業者を介して売却することが大切です。

Read more

自然素材を用いた住宅

2つのマンション

近年ハウスメーカーを中心にアピールされているものに自然素材の家があります。名前の通り自然素材を用いて住宅が作られるため、自然と共存した住宅を建てられます。懸念される耐久性や耐震性は最新技術を用いることでカバーしています。

Read more

住宅建設のトレンド

マンションと空

一戸建てを建てる人の数は年々多くなっていて、技術が進んだ近年では建てるのにかかる期間も短縮され、住宅建設のトレンドになりつつあります。一戸建てを扱う業社の数は多く、それぞれで長所と短所があるため正しい情報集めが大切です。

Read more

注文住宅の依頼先

緑色のマンション

注文住宅とはその名の通り注文者が全て決める必要があり、建設会社に依頼する住宅の建て方です。建設会社に依頼する時は依頼先も重要で、ハウスメーカーか設計事務所かで得意不得意が存在します。土地坪でも最適な依頼先は変わります。

Read more

担当者を見極める

おしゃれなリビング

注文住宅を建てる時は建築会社選びが非常に重要です。価格や仕様や工期を元に決めますが、担当する方との十分な打ち合わせも大事です。信用できる担当者を見抜き、よりよい形で建てることが出来るよう工夫を凝らす必要があります。

Read more

不動産鑑定士とは一体

洋風のリビングとソファ

不動産系資格では宅建が有名で毎年多くの人が受験しています。不動産系資格の最高峰と位置づけされているのは不動産鑑定士です。不動産鑑定士は土地や建物といった不動産の価格を鑑定することのできる唯一の有資格者で、不動産とは非常に高額なものなので鑑定の仕事の重要性はいうまでもありません。難易度は合格率2%と非常に難度の高い資格の1つとされています。しかし計画立てて勉強すれば合格も可能です。試験は1次試験と2次試験からなり、1次試験に合格しないと2次試験を受験することが出来ません。1次試験は行政法規と鑑定理論の2科目の試験となり、マークシート式試験です。行政法規は宅建を勉強した人であれば抵抗はありません。

鑑定理論は1次試験・2次試験の科目にもなっており、また試験合格後に不動産鑑定士として実務でその知識を使用することになる非常に重要な科目です。鑑定理論の勉強法は単に基準を暗記するのではなく、基準に書かれている内容をかみ砕いて理解することが大切です。自分の言葉で説明できるようになることが重要です。これが出来ると1次試験に十分対応可能です。2次試験にも対応できますし、これに基準の7割ほどを暗記していると十分合格レベルとなります。また不動産鑑定士の2次試験には民法や経済学、会計学と言った専門科目があり大学等で学んだことの無い人には独学は壁の高いものとなっています。なので多くの人が資格予備校を利用しています。

注目の記事